レストランなどの業務に用いられる伝票は、飲食店伝票といいます。飲食店伝票は大きく分けると単式と複写式の二種類があります。単式伝票はオーダーが一度で決まるようなお店で用いる場合に適しています。昼食の種類やセットメニューが決まっていることが多い、喫茶店などにむいています。次に複写式伝票は、ミシン入りのものとミシン無しのものに分かれます。ミシン入りのものは、オーダーが一度で決まらずに、追加のオーダーが多い場合に適しています。単品メニューの多い居酒屋や、焼肉店などで便利です。ミシンの無い複写式伝票は、リピート客が多かったり、多店舗で経営を行っており本部に報告する必要がある場合などに使います。大手の外食チェーン店などでの使用に適しています。また、会計伝票には通しナンバー入りのものもあり、従業員による不正を防止する場合などに活用できます。

飲食店伝票は意外と安く販売されています

飲食店伝票は今では100円均一でも売っていることすらあります。ですから、簡単に入手できるわけです。それはよいことではありますが、基本的には自分の飲食店に相応しい物である必要があります。形、色、スペースなど色々とポイントになることがあります。安い物であっても特に問題はないでしょうが、やはり自分の飲食店に合わせたものにしたほうがよいです。それが効率性を高くするコツであるといえます。実は自分で印刷をする、ということもよいです。今はプリンターが家庭用の物であろうともかなりよいものが多くあるからです。数百枚単位で独自に伝票を作る、と言うのはそんなに難しいわけではないです。しかし、手間を考えますと自分で作るよりも購入したほうが楽、というのは確かにあります。ちなみに問屋などもありますから、探してみることです。

飲食店伝票のポイントとしては

飲食店伝票のポイントとしては、基本的にはまずは大きさです。大きければよい、というわけではなく、当然ながら小さくては駄目です。丁度良い、と言うのが求められることになります。これがなかなか難しい判断になります。良い伝票があれば、定期的に買うことが重要です。問屋でメーカーを指定して購入することが実はかなりお勧めできます。最近では100円ショップなどでも売っていますが、絶対に長くそこで販売しているとは限らないからです。出来るだけ同じ伝票を使った方が良いですから、長く販売しているメーカーの物を使った方が良いです。それこそが求められることであるといえます。どんな伝票でもよいですが、同じ物を長く使った方がよいに決まっています。そのほうが業務効率が高くなることは間違いないですから、長く使える物を選択するべきです。